指輪を作りたい!という方へ (その1 木編)

はじめに

リングを作りたいと思っている方に、我流ではありますが、制作工程をご紹介させて
頂こうと思います。
今はネットで検索すれば色々な方が制作工程を紹介していると思います。
その一サイトとして見て頂き、参考になればと思います。

まず初めの材料は木です。

私が初めて作った木のリングは木をひたすら彫刻刀で削っていくというシンプルな物でした。

時間が掛かり、指も痛くなりました。ですのでお勧めは出来ませんが、
彫刻刀一本で作れるという事を わかって頂きたいのです。
あまり難しく考えない様にして頂きたいと思います。特にルールなど無いのです。
「木に指が通る」これが木のリングです。


必要な道具

 ・指輪の材料となる木
   ホームセンター等で材木が売っている売り場があります。
   そういう所で端材として売っている木が安くお勧めです。
   なんでも良いのです。自分の好きな木を準備しましょう。
   

山本音響工芸 キューブベースアフリカ黒檀材(4個1組) QB-3   山本音響工芸 キューブベースアサダ桜材(4個1組) QB-2
 黒檀(コクタン)          桜(サクラ)



  ・コンパス

    リングの穴を書く為に。
     
    KOKUYO GY-GBB101B コンパス(鉛筆タイプ)<まなびすと> 板バネ式固定 ブルー 



 ・のこぎり
   木を切る為に。
   木もピンきりでして、黒檀という木は金属並みに硬いと言われています。
   金属用の、のこぎりを準備してもよいでしょう。
   父親が持っているのこぎりでも十分です。

Silky(シルキー) ミニミニ2(166-15)金属用
・ピンバイス
穴をあける道具です。
ハンドドリルがあるととっても楽になりますが、 なくても出来ますので。
とりあえずピンバイスですね。
クラフトツール 精密ピンバイスD 74050  モデリング ドリルチャック 74086
 ピンバイス            こんなのも楽になりそうですね。             

  
   ・テーパーリーマー
    これは工具売り場に売っています。
     主にパイプなんかを切った時に出てしまうバリ取りに使う道具だそうです。
    これはピンバイスで開けた穴を大きくする道具です。
     指輪の穴の大きさになりますので「自分の指は何号で、何センチの穴を開ければ良いのか?」
     しっかり確認してから購入しましょう。
     指輪のサイズの参考はこちらをご覧ください。
    (STRAIGHT/ストレート) テーパーリーマー 7〜19(mm) 19-2135
     これがテーパーリーマーです。

    
   ・彫刻刀
     木の表面を削る道具として彫刻刀です。
      「平刀」一本あればいけます。
     そして、あったらかなり楽になる物で、ハンドリューターがあります。
     こちらは値段もピンきりですので何とも言えませんが、一万円いかない物でも十分使えます。
     安すぎる物は、力がなさすぎますのでお勧めしません。
     一万円いかない物は長時間使い続けられません。
      30分ほど使うと モーターが焼き付いて、壊れてしまうのです。
      モーターが熱くなったら休憩してその間は彫刻刀で削っていれば良いです。

    RABBY ゴムハン彫刻刀 5本組      小型ペンタイプツールPT-α(アルファ)
     彫刻刀               ハンドリューター(私コレ使ってます)

  
   ・ヤスリ
    細かい修正、仕上げ前に。
     クラフト5本組ヤスリ (H-14)
    こんな感じので充分!
    

  ・紙やすり
   紙やすりは番号がついています。
   数が大きいほど細かいです。
   600番、1000番、二種類くらいで充分です。

(STRAIGHT/ストレート) 耐水ペーパー 10ピース #600 19-2175

 

とりあえず上記の物で作ってみましょう。
制作に入ります。


制作へ

                

    

BACK

 

Copyright c Briture All Rights Reserved.